自称魔術師見習い中

プログラミングのズブの素人がイチから勉強してwebサービス作成できるまでの過程をかいていく

新人はツラいよ

Macを使い始めて2日目です。

 

慣れの問題もありますが、Windowsが長かったので入力でつまづきました。

 

かな入力には、command + space

Windowsのdeleteキーにあたる、次の1文字を削除するには、control + D

前1文字削除するには、control + H

上下左右の方向キーの代わりに、control + F,B,N,P

などなど

 

便利だと思う反面、最初はそれを覚えなきゃならないんですが、指がうまく動かず、何度も同じ文章を打ち直すことになってストレスがたまります。

 

ストレスがたまることといえば、Rubyのirbモードで日本語入力ができないことです。

 

Windowsのコマンドプロンプトにあたるターミナルというツールで記述するときに気づきました。

Windowsではそういったことはなかったので、とりあえずgoogle先生に解決策を探してもらって先人たちのお知恵を拝借したのですが変化なし。

 

Homebrew,rbenv,readlineなどをインストールしてみましたが、日本語の文字化けは解消されません。

 

そして「たのしい Ruby  第4版」に、>>irb -E UTF-8 と入力せよとの記述が!

神は足下にいた、と感じました。

なぜなら、この時点で、文字化け問題の解決に、6時間近くを費やしていたから。

 

よし!これでどうだ!いけ!enter~~~~!

 

 

変わらず。

 

 

買ったばかりですが、画面を殴るところでした。

 

知識で勝てなければ暴力でもって解決する。

歴史上の偉人たちが犯した数々の間違いは、現代になっても起こりうることが実証されただけでした。